posted by someone on 7 月 11

大きな台風が過ぎ去っていきましたね。

沖縄や九州での被害もあったようですが、
それを見てて思ったのは「やはり備蓄は大切である」ということです。

交通手段が遮断されると家の中に取り残されてしまいます。
その時に必要なのは食べ物や水ということになりますが、
災害が起こってからそれらを準備しようとしても
停電や交通手段が遮断という状態になると手に入れることは不可能です。

備蓄としては火をいれなくても食べられる乾パンなどが一番かと思います。
あとは余分に飲水を準備しておくということ。
カセットコンロとボンベがあれば、カップ麺だって食べることができますので
それも準備しておきたいものです。

日本だと災害復旧は早いと言われていますので、
1週間分もあれば充分かと思います。
ただ、東日本大震災規模の災害が起こった場合には
それだけでは絶対にたりないかと思いますが、
電気が復旧し、交通網が復旧するまでの間、
あなた自身がどのような土地に住んでいるかで量を決めて備蓄するようにしましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2020 明日について話そう. All Rights Reserved.