Archive for the ‘明日’ Category

posted by someone on 7 月 15

私の以前の職歴は主に事務系でして、
常に明日以降を引きずった状態の仕事をしていました。

カレンダにはその日までにやるべきことを記載し、
それを見ながら、突発的な仕事もこなしていたものです。

経理担当者となった時には、
月に一度の月次決算がありまして、
担当者となった数ヶ月は毎月のように残業をし、
それが3日程度ありました。

でもすでに新しい月が始まっていますので、
永遠に引きずった仕事をしていたのです。

常に頭のなかに何かしらのスケジュールを抱えていたのです。
問題点を解決しなければということも頭のなかにありました。

でも今はそうではありません。

一日一日で完結してしまうサービス業で仕事をしています。
ここで思いました。

その日だけでその日の仕事が終わり、
引きずることのないことがどれほど気持ちの面で楽なのかということを。

サービス業ということもあり、常に人との応対がありますが、
それも私にとって良い効果となっています。
なんと若返りが実現しているのです。

posted by someone on 5 月 22

仕事でも、勉強でも、あるいは趣味のことでも
今日やるべきことがあったとしたら
その日のうちに片付けてしまいましょう。

仕事や勉強の場合、その日のうちにやらないことで
明日に支障が出ることもあります。
宿題を忘れてしまう、予習をすることを前提とした授業の場合、
話している内容すらわからないということもあります。
そうなると、その時に受けた授業は無駄ということになるのです。

仕事でもそうですよね?
締め切りがある場合、下手をすると次の提出まで1週間伸びてしまう、
ということだってありえます。
そうなると仕事に支障が出てくるのは当然のこと。
お客様や他のスタッフに迷惑をかけてしまうことになるのです。

ネットビジネスだって同じことです。
先延ばしの癖がある方は稼げませんし、
やることによって得られるアイディアなども
目の前に現れてはきません。
チャンスを逃すことになるのです。
ネットビジネスの場合、毎日やればやるほど
すべきことが出てきますが、それによって稼げるようになるため
作業は楽しくなっていきます。

posted by someone on 3 月 18

心の風邪はいつ誰にふりかかるかわかりません。

ストレスだらけの現在、
日本ではストレスを抱えてない人はいないといっても過言ではありません。

頑張り屋やまじめな人ほど心の風邪をひきやすいと言われており、
成功例が多ければ多いほど、挫折をした時に鬱を発症したりするのです。

初期段階なら治りは早い。
それを肝に銘じ、思い切って休息をとることです。

帰る家があるなら志半ばでも思い切って戻る。
休学届を出す、休職願を出すということで休んでしまうのです。

考える事、頑張ることがよくないため、
心の風邪を引いた状態では、絶対にそれを継続すべきではありません。
下手をすると一生を台無しにしてしまう可能性があるのです。

それならば一時の間何もせずに休むほうがマシです。
一生を台無しにするよりも、一時の間仕事も勉強もせずに休息をしたほうが絶対的に良い。

ここまでは
ということで先延ばしにすることで心の風邪は悪化するのです。

posted by someone on 12 月 30

明後日はもうお正月。

年が明けて2015年となるわけですが、
多くの皆さんが新年の抱負をかかげます。

その通りに実行される方はかなり少ないかと思いますが、
やっても3日。いわゆる三日坊主。
続けられて1ヶ月。
といった感じになると思います。

あなたはどのようなことを実現させたいでしょうか?

今の私はとりあえず健康のためのダイエットですが、
今考えているのは数ヶ月行っていたダイエット方法を再開させたいと思っています。

数ヶ月行っていたダイエットとは、
体重を減らすということでは行っておらず、体の不都合があったためやっていたものです。

ひとつは食事制限。もう一つは運動。

食事制限をしたきっかけは腸の働きが悪くなり寝込んでしまったことがあるからです。
腸閉塞のような症状だったのです。

運動は坐骨神経痛になったことがきっかけでしたが
体はかなり楽になりましたし、1ヶ月で3キロのダイエットに成功したものです。

当時はプールに通ってましたが仕事の関係上
通えなくなっているため自宅での運動を再開させる予定です。

posted by someone on 10 月 22

明日ということで将来をテーマに
男性と女性の違いについて書いてみたいと思います。

男性の場合、女性のように目の前ばかりを見ているわけではないそうです。
将来のことまで考えて動き、発言をしているため、
女性にとっては理解できない部分もあるようです。

男女が一緒に生活をするということは、
今の現実を見ている女性に対し、将来を見て動いている男性の存在は
家庭を築く上でとてもバランスがとれているというものとなります。

また、女性は問題があった時や愚痴を喋りたい時でも
夫となる男性はうまく答えを出してはくれません。
なぜなら、女性の場合聞いて欲しいだけという欲求を満たしたいというのに対し、
男性は解決できる方法しか述べないのです。

仕事のことで愚痴ったら「じゃあ、辞めれば?」と簡単に答えるのはそのためだと言われています。
女性の側では「共感して欲しい」だけのことなんです。

それでは関係は上手く成り立ちませんので
男性は聞くのはイヤかもしれませんが「大変だったね」の一言ですますのも
良いことではあります。

posted by someone on 5 月 31

主には子育てから子離れを考えている人に向けて書いてみたいと思います。

自分を変えていくのはとても大切なことで、子も親もどちらも依存しないためには、寂しさを紛らわす何かを始めたほうが良いと思います。

親離れをするのは最初なら、実家を出て他の土地で働くようになることで、親のありがたみを知るよりもその土地や仕事になれるかとい不安や寂しさがあります。でもそれも、周囲が変えてくれていき、徐々に楽しくなっていき更に、親から遠ざかることだって考えられます。

いつかは戻ってくるだろうと思っている親の方も子のことが不安だし、寂しさもありますが、それだけに心を操られていたら前に進むことができず、寂しい老生活を送ってしまうことになります。趣味を持ち他の人との関わりを持ったり、再就職をすることでその気分は和らいできて楽しみも増えていくことでしょう。

世界的問題なのだそうですが、ニートで親のすねをかじっている若者は増えているそうです。これは子だけの問題ではなく、親自身の問題が一番ではないかと思います。

posted by someone on 3 月 28

若いころだと転職も容易かもしれません。

中年以降になると転職を考えないかというとどうだと思いますか?

参考:転職面接インフォ http://tensyoku-mensetsu.info/ishiki/

企業に勤め、着実に出世をし、
管理職になって定年まで働くことができれば理想です。

終身雇用制度。

今は公務員だけに当てはめられていると言ってもよく、
民間企業で導入しているところはないと言ってもいいのです。

第一線で働くことができる世代。
心身ともに健康でなくてはならず、
体調管理も大切な要素となってきます。

残業代もなしに、過酷な残業をこなす体力や気力も失われてきます。

※残業代をもらえない人は、このHPで勉強しましょう。

中年以降で転職を考える方は実際おおいかと思います。
第一線で働くに自身がなくなってきた時などです。

女性であれば事務職からの職替えをする方もいます。
厨房であったりスーパーであったりなど。

また、社会保険に加入しない職種の場合、
それが完備されている企業への転職を考えるようになります。
将来の不安は少なからずあるからです。

保険完備されていることで失業保険だって受けられますし、
厚生年金や健康保険も会社が半分負担してくれます。
健康保険では傷病の際にも受けられるものもあるのです。

失業保険について学ぶサイト→ http://shitsugyohoken.com/

失業保険の受給日数を増やすには→ http://www.shitsugyo-hoken.com/

posted by someone on 2 月 28

身近な明日について考えてみたいと思います。

仕事ならば明日の予定は分かっており、
それを時間内でこなすようにします。
仕事に追われている場合には残業だってあるでしょう。

時間外労働があまりに長い人は→こちらを参考

普段の日はそのように過ごせるのに、
休日ってなぜ無駄に潰してしまうのでしょう?

起きたら昼だった。
かったるかったので、テレビみてたらまた寝てた、、、
ああ、日が暮れている。
わたしは今日一日何もしてないや。

そんな感じで過ごしていませんか?

たまにはそんな日があってもいいですが、
毎週末をそのように過ごすのはとてももったいないことで
もしかしたら抱えてたストレスにくわえ、
何もしなかったことへのストレスまで加えてしまうかもしれません。

休日に何かひとつ以上を決めて実行する。
それ以外は何をやっても良い。

そう考えれば楽ですし、
やることをやり終えた後の達成感はあるはずです。

ウォーキングでもよいでしょう。
洗濯機を回して部屋をきれいに掃除するでもいいでしょう。

とにかく、昨夜から何も変わってないという状況だけは避けたいものです。

posted by admin on 7 月 15

若いころだとやりたい仕事だけを考えることでしょう。

定年後とか、福利厚生とか、社会保険とか
考えて仕事をする方はほんの僅かだと思います。

大げさではありませんが、雇用保険に入っているかすらわからない人もおり
正社員じゃなくても福利厚生が整った企業での仕事が良い
ということもわからない人もいます。
これは30代後半の方でも同じようです。

30代なかばになったら本気に考えて欲しいのが将来のこと。

雇用保険に加入してくれるか
社会保険に入れてくれるか
社員登用制度があるか

その仕事はしたくないではなく、
将来の安定を考えて初めての職種でもチャレンジし
定年と呼ばれる年齢まで働いて欲しいと思います。

posted by admin on 1 月 9

昨年から周辺の国との間にわだかまりが見えている日本ですが、
国交を成立させるための話し合い云々ではない規模になっている気がします。

歴史の中で約束事もきちんと行われており、
それを記述したものもあるのになぜ問題が起こっているのでしょう?

今日本に望まれるのは防衛だけではないのでは。
そうおっしゃっている方々もいます。

世界には徴兵制度のある国もありますし、
軍隊に入ることで将来を約束する国もあります。

でもそれらの国は日本のように守備だけではないのですよね。

今年、海上保安庁に入りたいという若者が増えているようです。

映画の影響もあるかもしれませんが、領土問題で起こったことなども理由の一つかもしれません。

今年度、航空自衛隊の試験を受けた若者は約600名だと聞きました。
実際に受験された方から聞いた話ではありますが、
これだけ多くの志願者がいるということは、守りたいという意識が高い若者が増えたからのでしょうか。

Copyright © 2020 明日について話そう. All Rights Reserved.