Archive for the ‘未来’ Category

posted by admin on 9 月 6

相変わらず社会情勢は厳しく、
雇用形態の改善はあまり芳しくありません。

明日に希望を持って考えたいのですが、
どうやったら得であるかといったことも、
真剣に考えたいものです。

例えば、失業保険のもらい方をいろいろ知っていると、
資格取得など、後々、有利になることが多いようです。

訓練校に通いながらだと、保険を受け取りながら、
経費のみで通うことが出来、なおかつ、求人情報ももらえます。

勿論、試験に合格すれは、資格取得出来るということです。

最近、年金の不正受給がありましたが、
間違った得のとり方というのはよくないですね。

就職する場合でも事前に失業保険のもらい方が分かっていると、給与明細に雇用保険の欄があるかということも確かめることが出来ます。

これは雇用者側が、強制的に加入しなければならない制度ですが、
残念ながら全てがそうではないのです。

年金も、受給してしまえば、障害者となってしまっても、
障害年金に切り替えることは出来ません。

失業保険も申請しなければもらえませんし、自分の身は自分で守らないといけないと言うことです。

退職を決意したら、次の順番で動くことになります。
1.会社に、辞めます、と意思表示する(直属の上司に言います)
2.離職証明書を作成する
この資料は、会社がハローワークに提出します。この書類に書かれた内容をもとに、ハローワークが退職理由を判定。
失業保険の支給日数を決定する資料となります。
ちなみに、何もしないでいると会社に「自己都合退職」と決めつけられてしまいます。
3.会社から、離職証明書の「退職理由」に記入を求められる
争いたくないなら、退職理由が望まない内容(早い話が、自己都合退職です)になっていても異議なし、として構いません。
この時点で「異議なし」としていても、後からひっくり返すことは可能だからです。
4.会社を辞めます
5.会社がハローワークに「離職証明書」を提出。その内容を元にハローワークは離職票を発行します。
6.会社から、5.で作成した離職票が送られてきます。法律上、退職後10日以内に送られてくることになっていますが、1ヶ月たってようやく、という会社もゴロゴロあります。
7.ハローワークで手続きをする際、退職理由を最終確認されますから、ここで退職理由に異議をとなえます。
つまり、このポイントで「私は会社都合退職に該当します」と主張しないと、手遅れになってしまう、ということになります。

会社都合退職になって失業保険を多くもらう方法については、下記のサイトをご覧ください。
失業保険.com http://www.shitsugyo-hoken.com/

失業保険について、会社からどれだけごまかされているかを思い知らされるサイトです。

posted by someone on 10 月 22

明日ということで将来をテーマに
男性と女性の違いについて書いてみたいと思います。

男性の場合、女性のように目の前ばかりを見ているわけではないそうです。
将来のことまで考えて動き、発言をしているため、
女性にとっては理解できない部分もあるようです。

男女が一緒に生活をするということは、
今の現実を見ている女性に対し、将来を見て動いている男性の存在は
家庭を築く上でとてもバランスがとれているというものとなります。

また、女性は問題があった時や愚痴を喋りたい時でも
夫となる男性はうまく答えを出してはくれません。
なぜなら、女性の場合聞いて欲しいだけという欲求を満たしたいというのに対し、
男性は解決できる方法しか述べないのです。

仕事のことで愚痴ったら「じゃあ、辞めれば?」と簡単に答えるのはそのためだと言われています。
女性の側では「共感して欲しい」だけのことなんです。

それでは関係は上手く成り立ちませんので
男性は聞くのはイヤかもしれませんが「大変だったね」の一言ですますのも
良いことではあります。

posted by someone on 9 月 28

この数日、行方不明になった女の子の記事を多く目にします。

その子のご冥福を祈るばかりです。

加害者は異常者と言っていい人格の持ち主じゃないかと感じました。
同級生を殺害した女の子にしても同じです。
暴力を振るったのは父親じゃなくても良かった、先生でも良かった。
と話しているのだそうです。

そのような精神はどこから生まれてくるのでしょう?

親のせい?

世の中ではそのように言われることも多いですが、
ある受刑者の話をすると、持って生まれたものであり、
私のようなものが世の中に出ないようにして欲しいと言ったのだそうです。
どうしても抑え用のない感情を自身でわかっているからこそ、
社会の中に出さないでということでした。

要は抑えられない感情があり、
それによって人を傷つけてしまうということを自分でわかっているということです。

先に話した二人がその思いを持っているか定かではありません。
でも被害に合われた方はもちろん、その家族には深い傷を追わせてしまうのです。

posted by someone on 8 月 21

その気持や心構えをされる方は少なくなっているかもしれません。

東日本大震災があったあと、それから大雨や台風での被害があった地域
かなり多くの方が被災されていましたが、
それから時間が経過したとともに、備蓄への意識が低くなっている気がしないでもありません。

さて今日は備蓄する品について考えてみたいと思いますが、
私が考えるのは、カセットコンロ、ガスボンベ、水をまず最初に思い浮かべます。

その後はカップ麺やインスタント食品、洗わずに炊ける無洗米、乾物、小麦粉などの粉類、
味噌、醤油、塩、油といったものです。

生活必需品は備蓄せずとも生活の中にありますので、
災害があった時にそれらをいくつか持ち出します。

体を守るためのものとしてアルミシートを家族分あったほうがいいですね?
寒さから守ってくれますし、雨風がしのげるようなタイプなら申し分ありません。

備蓄しないほうが良いものは生鮮食品や野菜です。
缶詰類を備蓄するなら缶切り不要なものにしましょう。
あるいはレトルトタイプになった食材を集めればいいかと思います。

posted by someone on 6 月 30

理想と現実は違うと思うのですが、
例えば何かの免許を取得しようとした時、
実用性があるかどうか考えたほうが良いと思うのです。

どちらか迷うならまず最初に取得した方がいいものは実用性があるもので、
その後に余裕が出てくれば取得したかった免許という順番となります。

ある若者の例ですが、
彼は運転免許を持っていませんで、
合宿免許で自動車免許とバイク免許を同時にと考えてました。

二十歳という年齢ですので、次の転職を考えたら
当然普通免許があったほうが有利です。
その時バイク免許だけを持ってたとしても、
その会社ではバイクでの通勤が禁止されていることもありますし、
社用車が運転できる人となることがあるのです。

あくまでもバイクは趣味として。
そのように考えたほうが無難なのです。

足として使える免許だからと考えているようですが、
時間の関係から、バイク免許を先にと思っているようでした。

足といっても自身でバイクを買わなければなりません。
それなら自動車免許を先に取得したほうがいいといえるのです。
誰かの車を借りることだって代わりに運転することだってできるのですから。

posted by someone on 5 月 31

主には子育てから子離れを考えている人に向けて書いてみたいと思います。

自分を変えていくのはとても大切なことで、子も親もどちらも依存しないためには、寂しさを紛らわす何かを始めたほうが良いと思います。

親離れをするのは最初なら、実家を出て他の土地で働くようになることで、親のありがたみを知るよりもその土地や仕事になれるかとい不安や寂しさがあります。でもそれも、周囲が変えてくれていき、徐々に楽しくなっていき更に、親から遠ざかることだって考えられます。

いつかは戻ってくるだろうと思っている親の方も子のことが不安だし、寂しさもありますが、それだけに心を操られていたら前に進むことができず、寂しい老生活を送ってしまうことになります。趣味を持ち他の人との関わりを持ったり、再就職をすることでその気分は和らいできて楽しみも増えていくことでしょう。

世界的問題なのだそうですが、ニートで親のすねをかじっている若者は増えているそうです。これは子だけの問題ではなく、親自身の問題が一番ではないかと思います。

posted by someone on 4 月 20

資産運用なんて大金持ちしかできない。

私も含め、多くの方がそう思っているかもしれませんね。

でも将来のことを真剣に考えるなら、
少額からはじめられる資産運用をしたほうが良いと思います。

すぐには現金化できないにしても
老後定期的に入ってくることで年金と合わせ
楽に生活ができる可能性だって考えられます。

老齢年金の積立をしてもいいでしょうし、
資産運用をしてもいいでしょう。

要は、毎月安定したお金が入ってくることを考えて動くということです。

投資もひとつですね?
株式配当金だけで生活している方もいると聞きますから。

でもその方の場合、めったに値下がりすることのない株を
たくさん持っている、それをいくつかの銘柄を持っているということになるでしょう。

ファンドなら素人でも安心かもしれません。
預けて運用して貰う方法です。
でもそれは信頼できる運用をしてくれるかという見定めは必要となってきます。
主に利用している銀行での相談ならその度合は高いかもしれません。

posted by admin on 7 月 15

若いころだとやりたい仕事だけを考えることでしょう。

定年後とか、福利厚生とか、社会保険とか
考えて仕事をする方はほんの僅かだと思います。

大げさではありませんが、雇用保険に入っているかすらわからない人もおり
正社員じゃなくても福利厚生が整った企業での仕事が良い
ということもわからない人もいます。
これは30代後半の方でも同じようです。

30代なかばになったら本気に考えて欲しいのが将来のこと。

雇用保険に加入してくれるか
社会保険に入れてくれるか
社員登用制度があるか

その仕事はしたくないではなく、
将来の安定を考えて初めての職種でもチャレンジし
定年と呼ばれる年齢まで働いて欲しいと思います。

posted by admin on 6 月 10

5月、それから8月。

実はその時期、就職先をやめる方の率が高いそうです。

長いお休みがあることも関係しているのかもしれません。
せっかく覚えた仕事でも、新社会人だとロング休暇のあとは
仕事はしたくないと思う方もいます。
楽しい事ばかりでは有りませんから。

ある若者の話です。

彼は自衛隊入隊したのですがつい先日辛い3ヶ月の教育課程を終えました。
気絶するかと思ったこともあったようです。
その中で何度かやめようかと思ったのだとか。

実際、その期間で辞められた方は多かったようです。

でも辛くても逃げずに乗り越える事ができた時
これまでの環境に感謝したと話してました。

両親、兄妹にも感謝をすることができたのだと。

posted by admin on 4 月 11

生きているといろんなことがあると痛感します。

学生時代がどれだけ楽しかったのかを感じるのですが、
その当時にはそれなりの悩みがありました。
今考えてみるとちっぽけなものです。

おとなになり自分で稼ぐことの楽しさを覚えました。
欲しいものが買える喜びも知りました。

でもある年齢になると家族の病気や死に直面するようになります。

こればかりはしかたのないことですね。

世代交代は絶対にあることで避けられないのだと。

子どもたちにそれを話しても悲しく思うだけです。
確かに私達が学生の頃はそうでしたから。

乗り越えられるから試練が与えられる。
乗り越えられた時にはその時の辛さもいい思い出になります。

Copyright © 2020 明日について話そう. All Rights Reserved.